ABC STUDIO

1/23ページ

この秋をどう稼ぐ

  • 2022.08.20

SNS、Instagram インスタもどんどん変わっている SUMMER スピード投稿 サブスクライブ 日本語だけだと伸びない オンラインサロンのクリエイターになれる クリエーターが有料化できる インスタの平均年齢は34 2010年スタート フィード投稿だけが新規の獲得を取れる物です 携帯からだと15分 パソコンからだと60分OK 1投稿あたり10枚まで画像(60分) 必ず、クリエイティブが必要 […]

売れる商品

  • 2022.08.20

商品を販売して行くときに何をやるべきか 購買意欲の上がるのか 諦めないことの重要性 とにかく、続ける 知識を習得するときのスタート時はエネルギーを最大限に使う時です 失敗の連続の続きですがそれを改善していけることで 変わっていける。 テスト検証と修正の作り込みが必要 レベルの合う仲間を見つけて行く レベルの高い情報を常に取り入れる ビジネスの方向性 商品製作 集客 販売 誰に対して、どのような方向 […]

三方吉

  • 2022.08.20

3方良しの原則 顧客ー市場ービジネス マーケティングの正しい使い方 必要な人にサポートをしていく 必要な人だけに提供していく 間違った配信 正確に基づいて配信する マーケティングの価値とは 価値の提供は売れる商品を提供する 具体的な商品を販売する作成方法とは ターゲット顧客の選定 市場調査 商品設計 試作品の販売 (モニター価格で販売して、フィードバックを収集) 改善(試作品の完成度を上げていく) […]

変わりゆくSNS

  • 2022.08.16

スピード投稿 サブスクライブ 日本語だけだと伸びない オンラインサロンのクリエイターになれる クリエーターが有料化できる インスタの平均年齢は34 2010年スタート フィード投稿だけが新規の獲得を取れる物です 携帯からだと15分 パソコンからだと60分OK 1投稿あたり10枚まで画像(60分) 必ず、クリエイティブが必要 スクエアー おすすめに出る インスタのライブは登録している人に出る 1滞在 […]

アイキャッチ

  • 2022.08.16

#タイトル#キャチコピー#ライティング #おうち創業#集客#集客ノウハウ#集客したい#コンテンツ販売#創業初心者#リール#インスタ集客#SNSマーケティング#売上アップ SNS集客を甘くみない 一瞬で、刺さるタイトル作り 読ませる文面 また、ここに着たくなる造り込みと 安らぎ!

変わりゆく日本とコロナ

  • 2022.08.16

どう変わる、日本とコロナ ワクチンは、効くの効かないの 国民は、判断して自由に動き始め ゆことなど効かないのが国民は、犯罪者でも何でもない。効かないワクチンで命を落としたり障害者になったりしたくはないものだ。それに味覚障害や歩行障害、頭痛! 1番困っているのは、海外への渡航になる。

アクション

  • 2022.06.21

勝ちパターン見出し方、ボトルネック発見方法 改善提案〜分析する時に知っておくと良い数値と考え方 食品関係をメインとした、SNSのプランアップをして行く中で 大阪、東京での催事は欠かせない。 グローバルスタンダードが基本の今、動かないところを あてには出来ない。 今年3月、インテックス大阪で初めて開催した 「第1回 フードテック ジャパン 大阪」ですが、初回から 7,7 […]

これからの副業

  • 2022.06.18

オンラインサロン 継続させるサロン経営 変わりゆく世の中で、オンラインサロンで稼いでいく オンラインサロンを立ち上げていく 継続課金 月7桁を狙って行くには 勝ち続ける会社 人集め集客には、購買行動が変わってきている 1年前の手法では、うまくいかない オンラインサロンに向かない物も あります。 アウトドアのオンラインサロンもこれからは行けます。 海、山、川、高原などのアウトドア系はこれからも伸びま […]

おさらい

  • 2022.06.18

成果を上げる販促 成功のポイントとYouTube活用法 今は、図書館や本屋さんに行く人はほとんど居ない スマホで、すぐにググる 情報がすぐに捉えられる 心を動かす販促を徹底的に考えて動く 新規の顧客には、インパクトが必要 固定客にはーつながりを大切にする 個人店は、時代の波に乗る事が大切 販促で必要なもの コンテンツX制作X配信X検証 コンテンツ ブランディング 企画 今日は、どんな広告を見ました […]

この夏のSNSプランUP

  • 2022.05.31

ディスプレイの提案 モニターTV (産地の映像、商品イメージ、加工風景、商品と果物島のイメージカット、 店舗の外観、内観のイメージカット) 商品の陳列 3Dタイプの立体感を作り目に留まりやすい形にします。 フロントの台のスカート、テーブルの上の立体感を作り出します。 人の流れを計算して、作り出します。 バックヤードの大型のスクリーンタペストリーで、全体の迫力を作り出します。 これが、遠近法を使った […]

1 23